キャンピングカーの水道(シンク)って使わないの?

キャンピングカー

車に水道がついています。

これってすごくないですか?

そんな便利なものを使わない手はない!と、我が家ではキャンピングカーの水道をすごく便利に使っています。

我が家のキャンピングカーは、
カスタムセレクトさんのロードセレクトWMという車、Bタイプです。

スポンサーリンク

キャンピングカーの水道設備

水はどこから?

キャンピングカーの水は、給水タンクから電動ポンプで汲みあげて蛇口から出ます。

我が家のキャンピングカーは、購入時、ポリタンク(上の写真のもの)が2つついてきました。取り外しができるタイプのものです。

給水タンクには事前に水を入れて設置します。

電動ポンプはサブバッテリーの電気で動かします。なので、エンジンを切っていても水道使えます。

キャブコンのような中型~大型のキャンピングカーの場合は、車自体に給水タンクが設置してあって、取り外しができないタイプのものもあるようです。

水を出す方法

  1. サブバッテリーの電源を入れる
  2. シャワーの電源を入れる
  3. 水道の蛇口を開ける

使った水はどこへ?

給水タンクがポリタンクの場合は、排水タンクも通常ポリタンクです。

wmoon
wmoon

しかーし!

カスタムセレクトさんのロードセレクトは、オプションで「ステンレススマート排水タンク」を付けることができます。これをつけているおかげで、汚水のたまったポリタンクを掃除しなくていいんです!

後で詳しく紹介したいと思いますが、これが本当に素晴らしいシステムなんです!

水道の水は飲める?

飲むのはやめておいた方が良いと思います。

飲めませんが、我が家では、手や顔を洗ったり、歯磨きをしたり、食器を軽く洗ったりに使っています。

飲み水は別でペットボトルの水を用意しています。

お湯は出る?

お湯は出ません。

お湯は出ませんが、寒い朝でも、FFヒーターのついた暖かい車内なら、冷たい水で顔を洗うのも苦になりません。

キャンピングカーの水道は使わない人が多い

実は「使わない人が多い」という事を、キャンピングカー購入後に知りました。

wmoon
wmoon

せっかくついてるのに何で使わへんのー?もったいないー!

我が家では「使わない」という考えが全くなく、最初から使う気満々でした。

使わない理由としては、

  • 面倒くさい
  • シンクが小さくて使いづらい
  • 雑菌等、衛生面が気になる
  • 排水の臭いが気になる

ということがあるようですが、我が家の場合はありがたく使っています♪

カスタムセレクト ロードセレクトWMの考えられた水道設備

使わない人が多いキャンピングカーの水道を、我が家がガッツリ使っている理由のひとつは、カスタムセレクトさんの水道設備が実によく考えられているからです。

ステンレススマート排水タンク

給水タンクがポリタンクなら、排水タンクもポリタンク、というのが主流のようですが、カスタムセレクトさんの場合、オプションとして「ステンレススマート排水タンク 12L」というのを付けることができます。

これは、車体の下(スライドドアの下)にステンレスの排水タンクが設置されていて、レバーを引くだけで簡単に排水処理ができるんです!

ロードセレクトWM ステンレススマート排水タンク
ステンレススマート排水タンク 車体下を鏡に映したもの

車中泊をした時に、こんなことがあるとトイレや洗面所に行くのが面倒になります。

wmoon
wmoon

アカン、めっちゃ雨降ってる・・・

wmoon
wmoon

アカン、寒すぎる・・・

wmoon
wmoon

アカン、トイレ遠すぎる・・・

そんな時に、車内の水道で顔を洗ったり歯を磨ける、ちょっとした洗い物をしたり、飲み物の残りを流したりできるのは本当にありがたいんです!

油ギトギトのもの、熱湯、臭いがきついものなんかは流しませんが、使った水が排水ポリタンクに溜まると、それを捨てに行ったりポリタンクを洗ったりしなきゃいけない。

wmoon
wmoon

それをしなくていいんです!

カスタムセレクトさんのシンクは、臭いの逆流防止機構付きですし、排水タンクが車内ではなく車体の下にあるので、臭いが気になったこともありません。

この「ステンレススマート排水タンク 12L」を付けずに排水がポリタンクだったら、我が家も水道は使っていなかったかもしれません。確かに面倒くさいですもん。

オプション価格は79,800円でした。(カスタムセレクト2020年12月契約時価格)

他のビルダーさんにも同じようなものがあるのかどうかわかりませんが、FFヒーターと同じで、これは付けるべきオプションとして強くオススメします!

蛇口の形式とホース

ロードセレクトWMの水道蛇口はシャワーになっていて、ホースが伸びるので、車の外に伸ばして使うことができます。

暑い夏に頭から水を浴びることもできますし、サーフィンなんかをする人にとっては本当にありがたいと思います。

水道の位置

ロードセレクトWMはハイエースがベースになっていますが、水道はスライドドアすぐのところ、冷蔵庫の上に設置されています。

だからこそ、外からも使いやすいんです!シャワーを伸ばして使えますし、ちょっと手を洗いたい時や、ちょっと水物を捨てたい時に便利なんです。

車内に靴を脱いで入らないといけないところに水道があったら面倒です。

シンクの蓋が鏡に

ロードセレクトWMのシンクの蓋は、鏡になります!

これがなかなか有難くて、コンタクトを入れる時、お化粧をする時に助かっています。

ポリタンクの位置と容量

ロードセレクトWMの給水ポリタンクは、バックドアを開けたすぐのところに設置するようになっています。

これもまた、車内に靴を脱いで入らないといけないところに設置場所があったら面倒です。

写真Aの水道は一度も使っていません。
写真Bのようにポリタンクを固定します。ポリタンクを2つ設置できますが、荷物を置きたいので使う時はいつも1つだけ設置しています。

そして、カスタムセレクトさんでは、ポリタンクの容量は10Lです。

容量が大きい方がたくさん水を積めていいように思うかもしれませんが、持ち上げて出し入れすることを考えられていて、女性でも持てる10Lになっているんです!

まとめ

使わない人が多いキャンピングカーの水道、これを我が家がガッツリ使っているのは、カスタムセレクトさんの考えられた水道設備と、夫が給水ポリタンクと電動ポンプを加工してくれたからです。

給水ポリタンクと電動ポンプの加工についてはこちらにまとめています。

最初に購入を考えたキャンピングカーの水道は、排水もポリタンクで、水道の位置は車内の靴を脱いで入らないといけない位置にありました。

カスタムセレクトさんに出会うまでは、ステンレススマート排水タンクという素敵なものがあることも知りませんでした。

納車後初めてキャンプに行った時は排水するのをすっかり忘れて、車の下から水が溢れ出てしまいました。給水タンクが空になって水を追加する時は、必ず排水を忘れないようにしなければいけません。

ポリタンクは毎回家に持ち帰って洗い、きちんと乾かすようにしています。

水道のシンクには時々、重曹とクエン酸をぬるま湯で流します。ステンレススマート排水タンクにたまるので、その後少し車を運転し、タンクの中でチャポチャポと水を動かし排水します。それが掃除になります。

気になるのは給水タンクから蛇口までのホース部分です。水しか流れない部分とはいえ、今後心配な点ではあります。今は気にならないのでどんどん使って、もし問題が出てきた時にはまた記事にしたいと思います。

【2022/7/10 追記】
気になっていた給水タンクから蛇口までのホース部分!
良さそうなものを見つけました!「RV Clean」という商品です。

希釈して使うタイプ、1,000ml入りです。

我が家の場合は、水道やシンクから気になる臭いもしないし、ヌルヌルしたりとか変な色の水が出てきたり、とかもない状態で使ってみたので、果たしてキレイになったのかどうかはわからないんですが、定期的に使いたいと思います!

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。


タイトルとURLをコピーしました